ホルモンバランスの関係について

ホルモンのバランスは健康を維持するために大切です。生活習慣や食生活など日頃の何気ないことがホルモンのバランスを崩す原因になっています。
ホルモンの働きは女性の体に大切で、妊娠にも大きく影響をしています。

 

知っておきたい女性ホルモンの基礎知識

 

イライラ

女性の体は健康や美容をはじめホルモンの働きがとても影響しています。女性ホルモンはエストロゲンとプロゲステロンという2つに大きく分けることができます。

 

この二つのホルモンのバランスにより、毎月排卵があり生理がくるのです。しかしホルモンのバランスはストレスや食生活などが原因となり、すぐに働きが乱れるという特徴があります。

 

またホルモンの分泌量は加齢とともに減ってしまうため、女性の50代前後は更年期障害の症状の原因ともなります。ホルモンバランスが崩れると、肌や髪のトラブルが増えたり、生理不順、生理前症候群などの様々な症状がサインとなって現れますので、体の不調は早めに発見して改善しましょう。

 

妊娠とホルモンの関係について

 

妊娠をすると女性ホルモンのプロゲステロンが多く分泌されるようになります。プロゲステロンは子宮の働きを活発にして、胎盤を作るための大切なサポートになっています。プロゲステロンは精神的にも与える影響が多く、妊娠すると感情の起伏が激しくなる症状がありますよね。自立神経を不安定にさせ、イライラしたり不安な気持ちになるのです。

 

もう一方の女性ホルモンのエストロゲンですが、加齢により分泌量が減ってしまいますので、肌の老化や更年期の原因になります。妊娠した場合はプロゲステロンと同様に、子宮を安定させ母乳を作るために乳腺を活発にする働きがあります。

 

女性ホルモンはこの二つの種類が常に増えたり減ったりして体のバランスを整えています。妊娠中も同様にホルモンバランスはとても大切なのです。


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-6142878455705558"
data-ad-slot="1929665028"
data-ad-format="auto">


 

妊娠に影響する男性のホルモンバランス

 

男性ホルモン

ホルモンと聞くと女性ホルモンがまず頭に浮かびますが、男性ホルモンももちろん妊娠には大切な役割を持っています。

 

男性ホルモンのテストステロンは質のよい精子を作るためのサポートになるため、ホルモンのバランスが悪いと男性側の不妊原因にもなってしまいます。生活習慣の乱れやセックスレスなどもホルモンの働きを乱す原因になりますので、精子の質が悪くなってしまうのです。

 

妊活は男女ともに一緒に行わないといけません。ホルモンのバランスは女性だけでなく男性にも大切な働きがありますので、生活習慣も見直し、食生活、喫煙や飲酒にも注意しながら健康な生活を送りましょう。