不妊治療について

 

近年不妊で悩む女性の数が大変増えています。仕事でキャリアを積む女性が増えているため独身の人が増え、いざ子供が欲しくなった時に初めて不妊がわかるケースが大変多いようです。
女性の高齢出産も増えるなか、気になる不妊治療とは何かご紹介したいと思います。

 

不妊症とはなにか?

 

カップル

子供が欲しくてもなかなかできない、こんな悩みを抱えたカップルが増えています。そもそも不妊症とは性行為を2年以上定期的に続けていても妊娠しない場合を不妊症と呼んでいます。妊娠できない原因はとても複雑で、男女ともに不妊原因がある可能性があります。また女性の結婚年齢も高くなっていますので、注意したいのが卵子や精子の老化です。

 

年齢が若いカップルほど妊娠率が高く、年齢とともにその可能性は低くなってしまいます。確実に妊娠をしたいのであれば、少しでも早い時期から妊活を始めることが大切ですね。
不妊症の場合はそれぞれのカップルに適した治療により、妊娠率をアップすることができます。まずは男女ともに協力して原因解明が必要です。

 

不妊症がどうか検査する方法

 

婦人科受診

排卵日に合わせて性行為をしても妊娠できない、もしかしたら不妊症かもしれないと不安になったら、まずは基礎体温を測って毎月排卵しているかどうかチェックしてみましょう。

 

生理が始まる14日前に体温が急激に下がる日があれば排卵しているサインです。それでも妊娠ができない場合は産婦人科で不妊症の検査を受けることができます。問診や超音波を使って子宮内や卵管の状態を検査し、腫瘍などの妊娠を阻害する原因がないか調べる方法があります。
またホルモン検査や血液検査により、健康に妊娠できる状態かどうか調べる場合もあります。

 

しかし不妊の原因は男女ともに半々といわれていますので、不妊治療は男性側の協力がないといつまでも効果的な治療はできないのです。

 


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-6142878455705558"
data-ad-slot="1929665028"
data-ad-format="auto">


不妊症の治療方法について

 

不妊症の原因はそれぞれ異なります。身体的に原因がある場合やストレスで排卵をしないなど、女性の体はデリケートなため生活習慣を改善するだけでも不妊症が改善される場合もあります。不妊検査を行ったあと原因が判明すれば、それに適した生活指導や治療が行われます。原因がわからないときはさらに精密検査をして、原因を突き止めることが大切です。

 

男女ともに健康である場合は、妊娠率を上げるためのタイミング指導を受け、自然に妊娠できる場合も多いですよね。しかし男性の精子に問題があるケースも大変増えています。

 

精子の数が少ない場合は濃縮した精子を子宮に送る人口受精により妊娠することも可能です。不妊症だからといって決して妊娠できないことではなく、あきらめずにあらゆる角度から挑戦することが大切ですね。