妊娠するために必要な取り組みについて

妊娠を望むのであれば、受精率や着床率をあげる努力が必要不可欠です。
とはいえ、どうすれば受精率や着床率をあげることが出来るのでしょうか?

 

そこで妊娠するために必要な取り組みをご紹介しますので、妊娠をお望みの方は是非参考にしてくださいね。

 

卵子と精子の質

 

妊娠をするためには卵子と精子の質が重要になります。
一般的に、高齢になればなるほど妊娠率がさがることが知られていますよね。
加齢に伴い、卵子が精子と出会った際の細胞分裂をする力が衰えます。

 

遺伝情報が不均等になってしまうと、発育が止まってしまうこともあるのです。

 

また加齢により卵子の質が低下するだけではなく、精子の運動率が下がったり奇形率が上がることも知られています。
つまり妊娠を考えるのであれば、なるべく若いうちの方が受精率や着床率をあげることが出来るのです。

 


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-6142878455705558"
data-ad-slot="1929665028"
data-ad-format="auto">


妊娠しやすい身体をつくるためのポイント

 

質の良い睡眠をとる

良質の睡眠

睡眠は肌や身体の調子を整えてくれるだけではなく、妊娠に関係する女性ホルモンの分泌にも影響する大切なポイントです。

 

寝不足や不規則な生活を避け、成長ホルモンの分泌を促しましょう。
ぐっすりと眠ることはストレスの解消にも効果的です。

 

冷えを防ぐ

「冷えは万病の元」と言われますが、流産の危険性を高めることでも知られています。
これは冷えによって女性ホルモンの分泌が低くなってしまうからです。

 

冷えを感じやすい方は是非、靴下やストールなどで体を温めるだけではなく、冷たいも見ものを避けて体内から体を温めましょう。

 

運動を心がける

運動

運動不足になると肥満になり、ホルモンバランスが乱れやすくなってしまいます。

排卵障害などのリスクも高まります。

 

また肥満体系の方は妊娠中や出産時にもリスクが高いことで知られています。
妊娠・出産をお望みの方は運動を心がけましょう。

 

運動は血行をよくして冷えを防ぐだけではなく、ストレス解消にも効果的です。
毎日は難しいかもしれませんが、ウオーキングなどを日常生活に取り入れて、適度な運動を心がけるようにしてくださいね。

 

妊娠しやすい身体や環境を作る為には、妊娠の仕組みを学ぶだけではなく、生活習慣の改善も大切なポイントです。

 

特に年齢を重ねてからお子さんをお考えの方は、のんびりと自然任せにせずに専門医に相談しながら早めに準備をスタートしましょう。

 

ストレスをためこまずに良く眠り適度な運動をすることは、妊娠だけではなく健康を維持するためにも大切なポイントです。
妊娠を気に生活を改善して、健康な身体作りを心がけてくださいね。