妊娠検査薬の使い方や正確性、商品紹介

妊娠を素早く手軽にチェックすることが出来る妊娠検査薬。
市販の妊娠検査薬は様々なものが販売されていますが、正確性や使い方ってわかり辛いですよね。

 

そこで今回は妊娠検査薬をご紹介します。

 

妊娠検査薬の選び方にお悩みの方は是非参考にしてくださいね。

 

妊娠検査薬の仕組みとは

 

妊娠検査薬は尿中の「hCG」と呼ばれる物質の量を測定して判定を行います。
受精卵が子宮に着床して妊娠が成立、するとこのhCGとうホルモンの量が多くなり、妊娠検査薬で陽性反応が出ます。

 

基本的に市販の検査薬では、50mIU/mL以上の場合に陽性反応が出ます。
これは、排卵14日後(着床5日後)の値とされています。

 

とはいえこれは個人差がありますので、一般的には「生理予定日の1週間後以降」の検査が推奨されています。

 


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-6142878455705558"
data-ad-slot="1929665028"
data-ad-format="auto">


市販の妊娠検査薬の特徴

 

クリアブルー(オムロンヘルスケア)

 

一般的な検査薬では「生理予定日の1週間後以降」が推奨されていますが、それまで待てないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
クリアブルーは、フライング検査でもうっすらと陽性が確認できると人気の検査薬です。

 

1回当たりのコストも500円以下とリーズナブルで、判定時間が1分と短いのも嬉しいですね。

 

チェックワンファウスト(アクラス)

 

生理予定日から妊娠検査が可能な妊娠検査薬です。
薬局でしか購入できないので、お求めの方は薬局で探してみてくださいね。

 

1回当たり750円程度と若干高いかもしれませんが、妊娠を早く知りたい方にお勧めの検査薬です。

 

チェックワン(アクラス)

 

妊娠検査薬の陽性反応。
折角だったらパートナーと喜びを共有したいという方も多いのではないでしょうか。

 

チェックワンは、陽性反応がすぐに消えてしまうことがなく、喜びを共有したい方にピッタリです。

 

ドゥーテスト(ロート製薬)

 

妊娠検査薬にも判定法が掛れているので、取扱説明書を紛失してしまっても安心です。
初心者でもわかりやすく、尿を掛ける時間短いのも嬉しいですね。
妊娠検査薬初心者さんにお勧めです。

 

市販の妊娠検査薬をご紹介しましたが如何でしたか。
ご紹介した他にも、デジタル方式など特徴的な妊娠検査薬が発売されています。

 

インターネットで手軽に購入できるものから薬局専売まで様々な種類がありますので、お好みにあわせてセレクトしてください。

 

妊娠検査薬はあくまで判定の目安であり、最終的な診断は医師の診察を受ける必要がありますので、陽性反応があったらなるべく早めに専門医を受診してくださいね。