妊娠を考えた時に注意する事

そろそろ赤ちゃんが欲しい、と考えるようになったら妊娠する前の準備を早速始めましょう。
母子ともに健康な妊娠期間を過ごすためには、いくつかの注意点を覚えておくと安心ですよ。では妊娠するために大切なポイントについて早速ご紹介したいと思います。

排卵日を把握しておくこと

 

体のバランス

妊娠するまでどれくらい期間がかかるのか、実際に妊活をはじめてみないとわかりません。そこで少しでも妊娠率を上げるために、まずは自分の排卵日を把握しておきましょう。基礎体温を付けたり、排卵チェッカーを使用するなど色々な方法があり、体のリズムを記録する習慣とつけましょう。

 

排卵日の2日前ほどから性行為を続けると妊娠する確率がとても高いと言われています。

 

生理は通常25日から35日周期でやってきますが、生理不順の方はまず体のバランスを整えて、排卵のリズムを整えることが大切です。
仕事をしている女性はストレスなどの生活習慣が原因で妊娠しにくい体質になっている場合もありますし、年齢が30代以上になるとさらに妊娠率も低くなってしまいます。

 

生活習慣の見直しをする

 

妊娠したいと思っても、すぐによい結果がでるとは限りません。妊娠は計画できることですから、自分の体の状態を整えることがまず大切です。妊娠しやすくするためには、女性側の体のバランスを整えることが効果的なのですが、特に注意をしたいのが女性に多い冷え性です。

 

近年低体温の方が急増しています。平均体温が36度に満たない人も多く、隠れ冷え性も増えています。冷え性になると血行の循環が悪くなり、排卵機能や子宮の状態も不安定になるため妊娠しにくい体質へと変わってしまうのです。

 

薄着をしたり、冷たい飲み物の取りすぎなどに注意しましょう。また定期的な運動をして代謝を高めることでホルモンの働きも活発になりますので、生理不順の改善にもつながります。

 

また、葉酸を含む食品を意識してとることも大切です。難しい場合はサプリメントがおすすめですが、葉酸は、幼児のあらゆる病気の予防にもなりますので是非考えてみてください。

 


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-6142878455705558"
data-ad-slot="1929665028"
data-ad-format="auto">


食生活の見直し

 

葉酸

妊娠をするには男女ともに食生活を改善する必要があります。栄養バランスの悪い食生活は、男性の精子の数が減る原因でもありますし、女性のホルモンのバランスが悪くなる要因にもなります。

 

急激なダイエットで食事制限することも避けましょう。

 

加工食品の取りすぎや肥満は妊娠しにくい原因になります。栄養価の高い食事をバランスよく心がけましょう。

 

また妊娠前から葉酸を摂取することも大切です。葉酸は胎児の細胞の分裂をサポートする効果や流産、死産のリスクを減らすメリットがあります。また精子と卵子を健康に保つ効果もありますので、男女ともに葉酸を摂取して健康な妊活を行いましょう。