男女の産み分けの知識について

生まれてくる子供の性別はとても気になりますね。昔は出産するまで子供の性別がわかないのは当たり前でしたが、今では生まれる前にお腹のなかの赤ちゃんの性別検査ができます。さらに妊娠をする段階で男女の産み分けをする方法にも大変注目されています。

 

男女の産み分けは、妊活中の方にとって気になるテーマといえるのではないでしょうか。

 

性別は着床時には既に決まっているとされており、産み分けを考えるのであれば妊活中が大切なポイントになります。
男女の産み分けのポイントをご紹介します。

 

赤ちゃんの性別はどうやって決まるの?

 

赤ちゃんの性別を決めるのは、精子と卵子が出合った時です。
受精した精子の種類によって、X染色体の精子が卵子と結びつくと女の子。

 

Y染色体の精子が卵子と結びつくと男の子が生まれます。

 

産み分けは本当にできるの?

 

赤ちゃん産み分け

子供は元気に生まれくれればそれでよし、と考える方も多いのですが、やはり気になるのが性別ですよね。出産準備にも便利ですし、すでに子供が多い家庭では生まれてくる子供の性別は重要です。

 

また遺伝的な病気を予防するためにもメリットになりますので、単なる親のエゴとしてだけでなく、産み分けをするのは大変重要と考える人も増えています。これから妊娠する人が、もし子供の性別を決められるとしたら、ほとんどの人は多分どちらかに決めて出産をすることでしょう。

 

しかし倫理的な理由なども関係して男女の産み分けは賛成しない人も決して少なくはありません。
また様々な方法が流出していますが確実な産み分け方法は存在しないのです。あくまでもどちらかの性別の可能性を高める方法であることを理解しておきましょう。

女の子の産み分け方

 

女の子を産みたい場合には、X染色体の精子が受精することが大切なポイントです。
そこで、X染色体の精子の特徴を踏まえて準備をしましょう。

 

X染色体の精子は寿命が2~3日と長いだけではなく、アルカリ性に弱く酸性に強いという特徴があります。
つまり、排卵日の数日前に性交をし、精子が卵管で排卵を待っている状態が理想的です。

 

Y染色体よりも数が少なく動きが遅いという特徴がありますので、女の子が欲しい方は排卵日当日ではなく少し前に仲良くしてくださいね。

 

男の子の産み分け方

 

男の子を生みたい場合には、Y染色体の精子が受精するのが大切なポイントです。
Y染色体の精子の特徴は、寿命が約1日と短く、アルカリ性に強く酸性に弱いという特徴があります。

 

つまり排卵日当日に仲良くすることで、男の子が生まれる確率をあげることが出来るのです。
排卵日に近づくと女性の膣内はアルカリ性に傾くだけではなく、性行為で女性が満ち足りるとアルカリ性の粘液が分泌されることで知られています。
男の子が欲しい方は、ゆっくりと時間をかけて仲良くするのも良いかもしれませんね。

 


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-6142878455705558"
data-ad-slot="1929665028"
data-ad-format="auto">


 

自分で挑戦する産み分け方法

 

コーヒー

女性の出産年齢が30代を過ぎると、テストステロンと呼ばれるホルモンの働きが衰えるため、女の子を妊娠しやすくなるといわれています。しかし女の子を産み分けするには年齢を意識せず、食生活の改善をすれば確立が上がるといわれています。

 

カフェインの多いコーヒーは妊娠中は過剰摂取しないように注意しないといけませんが、コーヒーには膣内のPHバランスを酸性にする作用があるため、女の子を妊娠しやすくなるといわれています。男の子が欲しい場合は食生活を男性のように肉食系にするとよいとも言われています。また排卵日直前のセックスや体位によって精子をできるだけ膣の奥にだすことが、男の子になる確率が上がるといわれています。

 

排卵日を知るために

 

排卵日は大まかであれば基礎体温やオギノ式などで算出することが出来ます。
けれども産み分けを希望する場合には、正確な排卵日を知る方が確率をあげることが出来ます。

 

市販の排卵日検査薬を利用したり、専門医の診察を受けることで正確な排卵日を知ることが可能ですので是非活用してみてくださいね。

 

産み分けできる病院

 

産婦人科の中では近年産み分けに力をいれている機関が増えています。もちろん賛成派も反対派もいますが、医療機関ではゼリーを使用して女性の膣内のPHバランスをコントロールする方法で産み分けをしています。それぞれのゼリーは男の子、女の子に分かれていますので排卵日に合わせてゼリーを注入して性行為を行うという方法です

 

。産み分けをするにあたり覚えておきたい点が精子の性別です。Y精子は男、X精子は女と2つに分けることができますが、Y精子はアルカリ性に強くX精子は酸性に強いと言われています。そのため排卵時のPHバランスを整えることで産み分けが可能になるのです。

 

しかし医療機関で行う産み分けも100%成功はしませんのでご注意くださいね。

 

男女の産み分けは、あくまで確率をあげるための手段にすぎません。
きちんと計画を立てることで確率をあげることは出来ますが、赤ちゃんの性別を保証するものではないので注意してくださいね。

 

男の子でも女の子でも、自分の子は等しく愛しい存在といえます。
パートナーとしっかり話し合って、笑顔で赤ちゃんを迎えるための準備を一緒に進めましょう。